よく頂くご質問

在留ビザ手続きQ&A(よく頂くご質問への回答)新潟|南 国際行政書士事務所

Q.日本語が喋れない、又は、あまり上手くないけど相談できますか?

A:弊所では中国語・英語の通訳が常駐しております。

中国語圏・英語圏ご出身の方なら母国語で相談ができますのでご安心ください。

 


Q.Eメールで相談に乗って頂く事はできますか?

A:申し訳ございません。弊所ではEメールでのご相談はお受けいたしておりません。

入管ビザ手続きにおいては確認しなければならない事項が沢山あり、また、文章でのやり取りだけですと真意が伝わり難いという問題もございます。よって弊所の相談はご来所頂いての対面相談に限らせて頂いております。

 


Q.どこの国の人の依頼でも対応して頂けますか?

もちろん国籍を問わず対応させて頂きます。

弊所ではこれまでにアジア諸国(中国、韓国、台湾、モンゴル、フィリピン、インド、スリランカ、パキスタン、バングラディシュ、ネパール、タイ、ミャンマー、ベトナム、マレーシア、ブルネイ、インドネシア、シンガポール)、中東諸国(トルコ、アフガン、イラン、カザフスタン、ウズベキスタン、キルギス)、アフリカ諸国(ガーナ、南アフリカ、ナイジェリア)、南米諸国(ブラジル、アルゼンチン、ペルー)、北中米諸国(カナダ、アメリカ、メキシコ)、ヨーロッパ諸国(ルーマニア、ブルガリア、ロシア、ウクライナ、イギリス、ドイツ)、オーストラリア、世界39カ国の外国人様の在留手続きを許可に導いた実績がございますが、最初のお1人様目は全て未経験での対応でした。これまでの経験から未経験の国の方のご依頼であっても何とかする自信がございます。

 

 

 


新潟の外国人ビザ手続き実績N0.1 南国際行政書士事務所【無料相談実施中】

スマホの方は下のバナーをタップで通話発信

無料相談ご予約ダイヤル「Tel 025-272-1390」ビザ手続き新潟
WeChat(ウィチャット)中国語で相談OK
南 国際行政書士事務所のWeChat(ウィチャット)QRコード

WeChat(微信)でもお問い合わせOK

ID:minavisa373
中国語で対応可能(16時まで)

ビザ新潟|南 国際行政書士事務所のFacebook

最新の事務所の動向(Facebookファンページ更新中)
ビザ相談は初回無料
入管ビザ申請に関する無料相談実施中【新潟】

ご予約はお電話で
【10〜18時/土日祝定休】
Tel 025-272-1390

その他のコンテンツ
入管ビザの豆知識ページへ
在留管理制度の落とし穴ページへ
ビザ在留資格の講演講師ページへ
南 国際行政書士事務所のブログへ
メディア紹介実績
新潟日報にぽにぽ40号
新潟日報にぽにぽ40号
パンフレット
パンフレットがダウンロードできます
official pamphlet.pdf
PDFファイル 2.2 MB
姉妹サイト
行政書士法人みなみ法務事務所(新潟市)の求人情報
新潟 中国領事館 認証代行センター
新潟|中国ビザ(商用Mビザ・就労Zビザ・S1ビザ)申請代行センター
新潟市の相続遺言|行政書士法人みなみ法務事務所

SNSでシェアして下さい