家族滞在ビザの申請【新潟】

在留資格「家族滞在ビザ」の入管申請・取得代行【新潟】海外にいる配偶者・子を招致し、日本で一緒に生活したい。

 

 

家族滞在ビザの該当例

在留外国人が扶養する配偶者・子。

 

家族滞在ビザの在留期間

5年、4年3ヶ月、4年、3年3ヶ月、3年、2年3ヶ月、2年、1年ヶ3月、1年、6ヶ月、又は3ヶ月。 

 


日本において行うことができる活動

扶養を受ける配偶者、又は子として行う日常的な活動。

 

 

注意事項

「家族滞在」は、配偶者又は子に限ります。親や兄弟については、在留資格に該当しません。また「研修」「技能実習等」の在留資格を有して在留する外国人の方の扶養を受ける配偶者又は子は該当しません。扶養を受けるとは、実際に扶養を受け又は監護・教育を受けていることが必要です。留学生の家族滞在は、預貯金や本国からの支援を含めて配偶者や子を扶養できるだけの経済力があることを証明する必要があります。

 呼び寄せる子供の年齢が高いと、日本で就労させることが目的ととられる可能性が高く、扶養の必要性について理由書等・立証をする必要があります。

 

 

家族滞在ビザの関連ページはコチラ

新潟の外国人ビザ手続き実績N0.1 南国際行政書士事務所【無料相談実施中】

スマートフォンの方は下のバナーをタップで通話できます

無料相談ご予約ダイヤル「Tel 025-272-1390」ビザ手続き新潟
WeChat(ウィチャット)中国語で相談OK
南 国際行政書士事務所のWeChat(ウィチャット)QRコード

WeChat(微信)でもお問い合わせOK

ID:minavisa373
中国語で対応可能(16時まで)

ビザ新潟|南 国際行政書士事務所のFacebook

最新の事務所の動向(Facebookファンページ更新中)
ビザ相談は初回無料
入管ビザ申請に関する無料相談実施中【新潟】

ご予約はお電話で
【10〜18時/土日祝定休】
Tel 025-272-1390

その他のコンテンツ
入管ビザの豆知識ページへ
在留管理制度の落とし穴ページへ
ビザ在留資格の講演講師ページへ
南 国際行政書士事務所のブログへ
メディア紹介実績
新潟日報にぽにぽ40号
新潟日報にぽにぽ40号
パンフレット
パンフレットがダウンロードできます
official pamphlet.pdf
PDFファイル 2.2 MB
姉妹サイト
行政書士法人みなみ法務事務所(新潟市)の求人情報
新潟 中国領事館 認証代行センター
新潟|中国ビザ(商用Mビザ・就労Zビザ・S1ビザ)申請代行センター
新潟市の相続遺言|行政書士法人みなみ法務事務所

SNSでシェアして下さい