2015年4月から入管法改正③在留資格「技術」・「人文知識・国際業務」の一本化に係る改正

専門的・技術的分野における外国人の受入れに関する企業等のニーズに柔軟に対応するため,業務に要する知識等の区分(文系・理系)に基づく「人文知識・国際業務」と「技術」の区分を廃止し,包括的な在留資格を創設

 【別表第1の2「技術・人文知識・国際業務」関係,平成27年4月1日施行】

 

以前の在留資格では、文系でも技術的な業務をする場合もありましたが、技術的な要素を要しているのか履修証明書などで説明する必要がありました。今後は、包括されることにより、柔軟な対応が見込めそうです。

 

新潟県の外国人ビザ手続き専門

南国際行政書士事務所

Tel.025-272-1390

http://www.minavisa.com

最新の事務所の動向

いいね!をお願いします。

ビザ相談は初回無料
入管ビザ申請に関する無料相談実施中【新潟】

ご予約はお電話で
【10〜18時/土日祝定休】

中央区役所オフィス
Tel 025-201-8822

東区役所オフィス
Tel 025-272-1390

サイトメニュー

» 事務所について
………………………………
» 代表者の経歴
………………………………
» スタッフ紹介
………………………………
» サービス一覧
………………………………
» 許可・解決事例
………………………………
» お客様の声
………………………………
» 料金と仕事の流れ
………………………………
» よく頂くご質問
………………………………
» 問合せ・無料相談

その他のコンテンツ
南 国際行政書士事務所のブログ
メディア紹介実績
新潟日報にぽにぽ40号
新潟日報にぽにぽ40号
パンフレット
official pamphlet.pdf
PDFファイル 2.3 MB
姉妹サイト
行政書士法人みなみ法務事務所(新潟市)の求人情報
新潟 中国領事館 認証代行センター
新潟|中国ビザ(商用Mビザ・就労Zビザ・S1ビザ)申請代行センター
新潟市の相続遺言|行政書士法人みなみ法務事務所