新ビザ! 在留資格『介護』の新設について

法務省は、出入国管理及び難民認定法を一部改正し、平成29年4月よりこれまでの既存の在留資格に加え、新たに『介護の』在留資格を新設すると発表しました。

 

厚生労働省によると、2025年度には介護職員がおよそ253万人必要になる一方で、その時の職員数はおよそ215万人となる見込みで、およそ38万人の介護職員が不足する見込みとなるとのことです。

 

その理由は少子高齢化や離職率の高さなど様々あると思われますが、今回の在留資格の新設が日本の将来にとってプラスとなることを願ってやみません。

 

詳しい情報は法務省のホームページをご覧いただければと思います。

 

在留資格『介護』について

 

実務上は、色々と気を付けなければならない点があると考えます。

 

要件(基準省令)の把握はもちろんのこと、申請書もこれまでの様式とは異なっているので留意が必要です。

 

いずれにせよ、今後の情報にアンテナを張り巡らせておくことが大切となるでしょう。

最新の事務所の動向

いいね!をお願いします。

ビザ相談は初回無料
入管ビザ申請に関する無料相談実施中【新潟】

ご予約はお電話で
【10〜18時/土日祝定休】

中央区役所オフィス
Tel 025-201-8822

東区役所オフィス
Tel 025-272-1390

サイトメニュー

» 事務所について
………………………………
» 代表者の経歴
………………………………
» スタッフ紹介
………………………………
» サービス一覧
………………………………
» 許可・解決事例
………………………………
» お客様の声
………………………………
» 料金と仕事の流れ
………………………………
» よく頂くご質問
………………………………
» 問合せ・無料相談

その他のコンテンツ
南 国際行政書士事務所のブログ
メディア紹介実績
新潟日報にぽにぽ40号
新潟日報にぽにぽ40号
パンフレット
official pamphlet.pdf
PDFファイル 2.3 MB
姉妹サイト
行政書士法人みなみ法務事務所(新潟市)の求人情報
新潟 中国領事館 認証代行センター
新潟|中国ビザ(商用Mビザ・就労Zビザ・S1ビザ)申請代行センター
新潟市の相続遺言|行政書士法人みなみ法務事務所