在留期間3年と1年の違い【技能ビザ】

同じ技能ビザなのに、人によって在留期間が異なる理由とは?

同じ技能ビザなのに、人によって在留期間が異なって居る在留カードの例

コックさんの技能ビザ更新です。在留期間が3年と1年の許可となっています。2人とも在留状況は大体同じですが、この在留期間の違いはどうしてなのでしょう。

 

答えは、転職してからの期間です。

 

おおよそ3回目の更新で3年をもらえます。しかし、転職が多いと4回目ということもあります。

 

入管(入国管理局)では「日本での生活の安定性がどうなのか」を審査しています。転職が多かったり、転職してからの仕事期間が短い場合は、期間伸長は難しくなります。

 

コックさんは、待遇が良いところへすぐに転職することが多いようです。永住申請にも不利になりますので、転職は慎重にしましょう。

 


【関連ページ】

技能ビザの「手続き概要」
技能ビザの「許可事例」
技能ビザの「豆知識」

ホームページのトップ
当事務所の無料相談はコチラ
 

新潟の外国人入管ビザ手続き専門

南 国際行政書士事務所

新潟市東区下木戸1-4-1(東区プラザ地下1階)

TEL 025-272-1390 (10〜18時/土日祝定休)

 

最新の事務所の動向(Facebookファンページ更新中)
ビザ相談は初回無料
入管ビザ申請に関する無料相談実施中【新潟】

ご予約はお電話で
【10〜18時/土日祝定休】
Tel 025-272-1390

その他のコンテンツ
入管ビザの豆知識ページへ
在留管理制度の落とし穴ページへ
ビザ在留資格の講演講師ページへ
南 国際行政書士事務所のブログへ
メディア紹介実績
新潟日報にぽにぽ40号
新潟日報にぽにぽ40号
パンフレット
パンフレットがダウンロードできます
official pamphlet.pdf
PDFファイル 2.2 MB
姉妹サイト
行政書士法人みなみ法務事務所(新潟市)の求人情報
新潟 中国領事館 認証代行センター
新潟|中国ビザ(商用Mビザ・就労Zビザ・S1ビザ)申請代行センター
新潟市の相続遺言|行政書士法人みなみ法務事務所

SNSでシェアして下さい