経営・管理ビザの申請【新潟】

経営・管理ビザの入管申請、許可取得【新潟】

外国人が日本において会社を設立するには「経営・管理ビザ」が必要です。経営・管理ビザの申請は、南 国際行政書士事務所においてお手伝いが可能です。ご自身で手続きするのが面倒、自信が無い方はぜひ弊所にご相談ください。

尚、事前に会社を設立しておく必要がございますが、こちらも弊所にてお手伝い可能です。

→ 会社設立の手続きのページはコチラ

経営・管理ビザの該当例

外資系企業等の経営者・管理者。

日系企業の外国人経営者・管理者。

経営・管理ビザの在留期間

5年、3年、1年、3ヶ月、又は4ヶ月。


経営・管理ビザで認められる「日本において行うことができる活動」

  1. 本邦において事業の経営を開始し、その経営又は管理に従事する活動
  2. 本邦の事業に投資してその経営又は管理に従事する活動
  3. 本邦において事業の経営を開始した外国人に代わって当該事業の経営又は管理に従事する活動
  4. 本邦において事業の経営を開始した日本人に代わって当該事業の経営又は管理に従事する活動
  5. 本邦の事業に投資している外国人に代わって当該事業の経営又は管理に従事する活動
  6. 本邦の事業に投資している日本人に代わって当該事業の経営又は管理に従事する活動

新潟市で創業されるなら、特区制度の利用がオススメ

新潟市国際創業特区

新潟市は在留資格の優遇制度である「新潟市国際創業特区」に認定されています(2006年3月より)。新潟市に拠点事務所の設置をお考えの外資系企業さまは、ぜひご活用ください。

詳細は専用ページでご確認ください → 新潟市国際創業特区


在留資格「経営・管理」に関わる法改正

平成27年(2015年)4月1日から、現行の「投資・経営」の在留資格の名称が「経営・管理」になりました。企業の経営・管理活動に従事する外国人の受け入れを促進するため、外資系企業における経営・管理活動に限られている「投資・経営」に、日系企業における経営・管理活動を追加し、名称を「経営・管理」に改正されました。

つまり、これまでは外国資本の会社等が対象でしたが、今回の改正により、国内資本企業を含めあらゆる事業の経営・管理を行うことができるようになりました。

本人以外の者が投資をしても良いとうことです。これは大きな改正です。

更に「4ヶ月」の在留期間も新たに創設され、海外にいる外国人を呼び寄せることができるようになりました。これまでは、短期滞在で来日しても在留カードは取得することができません。そのため、日本での住民登録ができませんでした。このことから印鑑証明が作れないため日本の会社設立手続を完了させるまでが大変難しい状況にありました。

今回の改正により、日本人の投資、外国人の投資による会社設立が活発になることが予想されます。

海外在住経営者の経営管理活動に認定申請在留期間4ヶ月を追加した意味

経営管理の改正にともない、新たに海外在住者自ら起業することを前提に、4ヶ月の在留期間が設定されました。今までの投資経営ビザ時には、短期滞在で来日しても在留カードは取得することができません。そのため、日本での住民登録ができませんでした。このことにより、印鑑証明書が登録できなかったのです。海外在住の方が日本で会社設立して「経営・管理」の資格を得るには、定款認証時と設立登記時に印鑑登録証明書が必要です。つまり3ヶ月の短期滞在では会社設立をできなかったのです。今後は、4ヶ月の在留カードを保有すると、住民登録、印鑑登録が可能になりますので、独力で会社設立をすることができます。

「経営・管理ビザ」の許可基準

  1. 事業所を確保していること。
  2. 500万円以上の投資(資本金)をしていること。
  3. 常勤の従業員二人いること常勤の従業員については、日本人又は「日本人の配偶者等」「永住者」「永住者の配偶者等」「定住者」の在留資格を得ている外国人。
  4. 「1」又は「2」に準ずる規模であると認められること。
  5. 事業の管理に従事しようとする場合は、事業の経営又は管理について3年以上の経験を有し、かつ日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。

投資と事業規模

基準省令案において「資本金の額又は出資の総額が500万円以上であること」とあり、 複数人の共同出資でも総額が500万円に達すればよいと解されます。 さらに、在留資格「投資・経営」と異なり、改正後の在留資格「経営・管理」は投資を要件としていないため、 本邦で事業の経営を行う者であれば「相当額の投資」は要件とはなりません。

個人事業の場合は、500万円以上を設備等に投資した領収書等を提出します。

定款と事業計画書について

海外在住者は、日本に住所を有していないため、印鑑登録ができません。従って定款認証についてはできません。そのため、設立しようとする具体的な立証資料等が必要となります。今後は、綿密な事業計画書が必要となります。また、具体的な取引先や売上先などから、契約者や覚書等実際に経営活動する根拠が求められることとなります。

また、事業所においても契約ができなくても、予定する事業所等の見込みを検討しておくことも重要となります。要するに経営が可能な限りすぐに開始できる状態まで準備しておくことがポイントとなります。

経営・管理ビザ、申請から取得までの流れ

  1. 定款を準備 事業計画書等実務レベルまで落とし込んだ書類を作成し在留資格認定証明申請をします。
  2. 認定申請許可書を取得後、本国の海外在留者に郵送し、申請人は現地日本公館を通じ4ヶ月の「経営・管理」ビザ申請します。
  3. 日本に上陸後は在留資格「経営・管理」の上陸証印され在留カードを取得します。
  4. 住民登録後、印鑑登録をして、発起人として定款認証を行います。
  5. 500万円以上を出資して会社設立登記を行います。
  6. 4ヶ月の在留期間内に在留期間更新し、1年の在留期間を得ることになります。
新潟の外国人ビザ手続き実績N0.1 南国際行政書士事務所【無料相談実施中】

スマートフォンの方は下のバナーをタップで通話できます

ビザ手続き新潟市NEX21地下1階 中央区役所オフィス
ビザ手続き新潟市東区プラザ地下1階 東区役所オフィス

WeChat(微信)からもお問い合わせOK
ID:minavisa373

平日10〜18時/土日祝定休
お名前とお問合せ内容をご送信ください。中国語でどうぞ
最新の事務所の動向

いいね!をお願いします。

ビザ相談は初回無料
入管ビザ申請に関する無料相談実施中【新潟】

ご予約はお電話で
【10〜18時/土日祝定休】

中央区役所オフィス
Tel 025-201-8822

東区役所オフィス
Tel 025-272-1390

サイトメニュー

» 事務所について
………………………………
» 代表者の経歴
………………………………
» スタッフ紹介
………………………………
» サービス一覧
………………………………
» 許可・解決事例
………………………………
» お客様の声
………………………………
» 料金と仕事の流れ
………………………………
» よく頂くご質問
………………………………
» 問合せ・無料相談

その他のコンテンツ
南 国際行政書士事務所のブログ
メディア紹介実績
新潟日報にぽにぽ40号
新潟日報にぽにぽ40号
パンフレット
official pamphlet.pdf
PDFファイル 2.3 MB
姉妹サイト
行政書士法人みなみ法務事務所(新潟市)の求人情報
新潟 中国領事館 認証代行センター
新潟|中国ビザ(商用Mビザ・就労Zビザ・S1ビザ)申請代行センター
新潟市の相続遺言|行政書士法人みなみ法務事務所

SNSでシェアして下さい。