豆知識|経営・管理ビザ

2014年

11月

12日

2015年4月から入管法改正②在留資格「投資・経営」に係る改正

企業の経営・管理活動に従事する外国人の受入れを促進するため,現在,外資系企業における経営・管理活動に限られている「投資・経営」に,日系企業における経営・管理活動を追加し,名称を「経営・管理」に改正

 【別表第1の2「経営・管理」関係,平成27年4月1日施行】

 

・在留資格「経営・管理 (現在の「投資・経営 )の現行基準では,事業の 」 」規模要件として「2人以上の常勤職員の雇用」または「最低限(500万円)の投資額のいずれかを満たすことを求めている現行

の要件を見直し、これらの要件を「一定期間内に満たすこと」に見直し。

 

・「日本に住所を有しない外国人が外国企業の子会社等を設立する際の法人登記等に関する規制の見直し」に対応するため,日本に住所を有しない外国人が外国企業の子会社等を設立する準備を行う意思があることや新会社の設立がほぼ確実に新会社等を設立する際の見込まれることが提出書類から確認できた外国人については、法人登記等 登記事項証明書の提出が無くとも入国を認めること 

 

2012年改正在留管理制度前の制度では、短期滞在する外国人には、外国人登録証明書が発行された。このことにより、日本での住所を有する証明として印鑑証明書の登録が可能であった。短期滞在の外国人も会社設立が可能であった。しかし、2012年以降は短期滞在者には在留カードが発行されないため、パートナー日本人(住所あり)と協力してしか法人設立ができない状況であった。このことに関する緩和策であり、日本への投資活動が容易に見込まれることになると思われます。

 

新潟県の外国人ビザ手続き専門

南国際行政書士事務所

Tel.025-272-1390

http://www.minavisa.com

新潟の外国人ビザ手続き実績N0.1 南国際行政書士事務所【無料相談実施中】

スマートフォンの方は下のバナーをタップで通話できます

ビザ手続き新潟市NEX21地下1階 中央区役所オフィス
ビザ手続き新潟市東区プラザ地下1階 東区役所オフィス

最新の事務所の動向

いいね!をお願いします。

ビザ相談は初回無料
入管ビザ申請に関する無料相談実施中【新潟】

ご予約はお電話で
【10〜18時/土日祝定休】

中央区役所オフィス
Tel 025-201-8822

東区役所オフィス
Tel 025-272-1390

サイトメニュー

» 事務所について
………………………………
» 代表者の経歴
………………………………
» スタッフ紹介
………………………………
» サービス一覧
………………………………
» 許可・解決事例
………………………………
» お客様の声
………………………………
» 料金と仕事の流れ
………………………………
» よく頂くご質問
………………………………
» 問合せ・無料相談

その他のコンテンツ
南 国際行政書士事務所のブログ
メディア紹介実績
新潟日報にぽにぽ40号
新潟日報にぽにぽ40号
パンフレット
official pamphlet.pdf
PDFファイル 2.3 MB
姉妹サイト
行政書士法人みなみ法務事務所(新潟市)の求人情報
新潟 中国領事館 認証代行センター
新潟|中国ビザ(商用Mビザ・就労Zビザ・S1ビザ)申請代行センター
新潟市の相続遺言|行政書士法人みなみ法務事務所