特定活動ビザ申請【新潟】

特定活動ビザの入管申請、許可取得【新潟】

ご両親の呼び寄せ、既卒留学生の求職活動、インターンシップ生の受け入れ、本国からのメイド呼び寄せ等は、特定活動ビザの在留資格が与えられます。

南 国際行政書士事務所にて「特定活動ビザ申請」のお手伝いが可能です。実績も豊富にございますので、どうぞ安心してご相談ください。

特定活動ビザの該当例

高度研究者、外交官等の家事使用人、ワーキングホリデー、経済連携協定に基づく外国人看護師・介護福祉士候補など

特定活動ビザの在留期間

5年、4年、3年、2年、1年、6ヶ月。又は法務大臣が個々に指定する期間(1年を超えない範囲)


日本において行うことができる活動

法務大臣が個々の外国人について特に指定する活動

高齢のご両親を日本に呼び寄せる際の要点

ご両親を呼び寄せるには、認定許可申請で呼び寄せることはできません。従って、短期ビザにて招聘し、その後在留資格変更許可申請を経て日本への在留資格(特定活動)を得ることになります。

おおむね70歳以上であること

ご病気の場合その他、個別事情によっては70歳未満でも可能性はあります。

本国にご両親の面倒を看る者がいないこと

ご両親が日本で働くことを予定していないこと

扶養能力があること

兄弟姉妹については、人道上の理由などからご病気の場合で面倒を看るものがいない、扶養能力があるなどから、特定活動の変更許可される場合もあります。

就職先が決まらず、卒業後も職探しをする留学生の場合

特定活動ビザへの変更を許可されるには大学・専門学校側の推薦状が必要ですが、許可されれば卒業しても6ヶ月間、就職活動するために滞在が可能です。

提出資料|大学、大学院又は短期大学を卒業した留学生の場合

●在留中の一切の経費の支弁能力を有する文書留学生以外の者が、経費支弁をする場合に

 は、その者の支弁能力を証明する文書及びその者が支弁に至った経緯を明らかにする文書

●直前まで在籍していた大学の卒業証書又は卒業証明書

●直前まで在籍していた大学による継続就職活動についての推薦状

●継続就職活動を行っていることを明らかにする資料

提出資料|「専門士」の称号を取得して専修学校を卒業した留学生の場合

●在留中の一切の経費の支弁能力を有する文書留学生以外の者が、経費支弁をする場合に

 は、その者の支弁能力を証明する文書及びその者が支弁に至った経緯を明らかにする文書

●直前まで在籍していた専修学校の発行する専門士の称号を有することの証明書

●直前まで在籍していた専修学校の卒業証書又は卒業証明書及び成績証明書

●直前まで在籍していた専修学校による継続就職活動についての推薦状

●継続就職活動を行っていることを明らかにする資料

●専門課程における修得内容の詳細を明らかにする資料

※アルバイトは、資格外活動の許可を得れば可能です。

新潟の外国人ビザ手続き実績N0.1 南国際行政書士事務所【無料相談実施中】

スマートフォンの方は下のバナーをタップで通話できます

ビザ手続き新潟市NEX21地下1階 中央区役所オフィス
ビザ手続き新潟市東区プラザ地下1階 東区役所オフィス

最新の事務所の動向

いいね!をお願いします。

ビザ相談は初回無料
入管ビザ申請に関する無料相談実施中【新潟】

ご予約はお電話で
【10〜18時/土日祝定休】

中央区役所オフィス
Tel 025-201-8822

東区役所オフィス
Tel 025-272-1390

サイトメニュー

» 事務所について
………………………………
» 代表者の経歴
………………………………
» スタッフ紹介
………………………………
» サービス一覧
………………………………
» 許可・解決事例
………………………………
» お客様の声
………………………………
» 料金と仕事の流れ
………………………………
» よく頂くご質問
………………………………
» 問合せ・無料相談

その他のコンテンツ
南 国際行政書士事務所のブログ
メディア紹介実績
新潟日報にぽにぽ40号
新潟日報にぽにぽ40号
パンフレット
official pamphlet.pdf
PDFファイル 2.3 MB
姉妹サイト
行政書士法人みなみ法務事務所(新潟市)の求人情報
新潟 中国領事館 認証代行センター
新潟|中国ビザ(商用Mビザ・就労Zビザ・S1ビザ)申請代行センター
新潟市の相続遺言|行政書士法人みなみ法務事務所