専門学生同士の婚姻・家族滞在ビザ許可 新潟

留学生の妻、家族滞在ビザで帰国を回避。

本国で婚姻後、夫は専門学校留学生として来日しました。来年卒業予定で内定が決まっています。妻は夫を追って日本語学校の留学生として来日しました。1年間日本語を学び8月に卒業しました。ビザは10月で切れてしまいます。このままでは妻は帰国しなければなりません。ずっと一緒に居たいことから、家族滞在ビザ変更申請をしました。

 

留学生の家族滞在ビザは、大学で国費留学生くらいしか許可されません。専門学生は日本にいる場合に変更許可されることがあります。ビザのための駆け込み婚に見受けられる場合はもっと難易度が上がります。また、アルバイトのし過ぎ・出席状況・経費支弁など、ハードルは高いです。許可されて良かったですね。


【関連ページ】

家族滞在ビザの「手続き概要」
家族滞在ビザの「許可事例」
家族滞在ビザの「豆知識」

ホームページのトップ
当事務所の無料相談はコチラ
 

新潟の外国人入管ビザ手続き専門

南 国際行政書士事務所

新潟市東区下木戸1-4-1(東区プラザ地下1階)

TEL 025-272-1390 (10〜18時/土日祝定休)

 

最新の事務所の動向(Facebookファンページ更新中)
ビザ相談は初回無料
入管ビザ申請に関する無料相談実施中【新潟】

ご予約はお電話で
【10〜18時/土日祝定休】
Tel 025-272-1390

その他のコンテンツ
入管ビザの豆知識ページへ
在留管理制度の落とし穴ページへ
ビザ在留資格の講演講師ページへ
南 国際行政書士事務所のブログへ
メディア紹介実績
新潟日報にぽにぽ40号
新潟日報にぽにぽ40号
パンフレット
パンフレットがダウンロードできます
official pamphlet.pdf
PDFファイル 2.2 MB
姉妹サイト
行政書士法人みなみ法務事務所(新潟市)の求人情報
新潟 中国領事館 認証代行センター
新潟|中国ビザ(商用Mビザ・就労Zビザ・S1ビザ)申請代行センター
新潟市の相続遺言|行政書士法人みなみ法務事務所

SNSでシェアして下さい